センターからのお知らせ

【大原社会問題研究所】第35回国際労働問題シンポジウム 開催(10/17)

法政大学大原社会問題研究所では、2022年10月17日(月)に「第35回国際労働問題シンポジウム 船員の労働と物流 ― 暮らしを支えるサプライチェーン」を開催します(参加費無料/要参加申込)。

コロナ禍において、陸運・海運・空運など、物流業界で働く労働者の問題が世界的に顕在化しました。海運業界ではどのような問題が起きていて、国際的にどういった対応が行われているのでしょうか。私たちの暮らしを支えるサプライチェーンと海運業界とのつながりを知り、船員の労働者が直面する課題について、皆さんとともに考えたいと思います。

【開催概要】
■開催日時:2022年10月17日(月) 13:30~16:15
■開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)および会場参加(上限40人)の併用型
■開催場所:国連大学本部ビル1階アネックス・スペース(東京都渋谷区神宮前5‐53‐70)
■プログラム
     主催者挨拶   
       高﨑 真一(ILO駐日代表)
       布川 日佐史(法政大学大原社会問題研究所所長) 
     講演  
       「海運業界・船員の仕事と私たちの暮らしは どう結びついているのか」
         森 隆行(流通科学大学名誉教授)
       「船員の仕事と海運について― 使用者の立場から」
         越水 豊(日本船主協会 常務理事)
       「船員の仕事と海運について―労働者の立場から」
         田中 伸一(全日本海員組合 組合長代行)
       「船員として働くためのルールや権利について ―政府の立場から」
         浦野 靖弘(国土交通省 海事局 船員政策課 国際業務調整官)
       「コロナ禍の船員交代危機の状況と ILO などによる 国際的な対応」
         秋山 伸一(ILO本部 部門別政策局 次長) オンライン講演
     パネルディスカッション
         モデレーター :  藤原 千沙(法政大学大原社会問題研究所教授)
  司会 :  榎 一江(法政大学大原社会問題研究所教授)

■主催 : ILO 駐日事務所/法政大学大原社会問題研究所後援 : 日本 ILO 協議会

■参加申込 : オンライン参加もしくは会場参加
   【オンライン参加】
      下記申込フォームよりお申込みください。ZoomウェビナーのURLが自動返信されます。
        https://ilo-org.zoom.us/webinar/register/WN_luGzv1laTlyHaFz5RhSckg
   【会場参加】 
      10月14日(金)正午までに下記申込フォームよりお申込みください。
      定員(40人)に達した時点でフォームを閉鎖しますので、申込みができた方は会場にお越しください。
        https://forms.gle/Sz7YLzNDApD2HGTH6

※チラシはこちらから

(大原社会問題研究所)
1919(大正8)年に大阪で創立。1949年に法政大学と合併、現在に至る。100年の歴史を誇る社会科学の分野ではわが国で最も古い歴史を持つ研究所。『大原社会問題研究所雑誌』(月刊)、『日本労働年鑑』、研究所叢書をはじめ、出版活動も積極的に展開。21世紀に生起する労働問題の解明を中心にしながら、同時にジェンダー、社会保障、環境、貧困などの諸問題の研究にも力を入れています。研究所所蔵の図書・資料は、社会・労働問題関係図書をはじめとする約20万冊。その他、貴重書、ビラ・チラシなどの原資料、ポスター・写真・バッジなどの社会運動関係の現物資料など多数を所蔵。インターネットを通じた情報公開と研究支援も積極的に展開しています。

【この件に関するお問い合わせ先】
法政大学大原社会問題研究所 TEL:042-783-2305 E-mail:oharains@adm.hosei.ac.jp