イベント情報

11/29(日) 馬場ゼミ学生企画シンポ『武相地域と戦争遺跡~戦後70年 戦争の記憶を風化させないために何をすべきか?~』参加者募集

現代福祉学部の馬場憲一ゼミの学生たちが、戦後70年を機に、戦争遺跡と戦争の記憶の継承について考えるシンポジウムを11月29日(日)に多摩キャンパスで開催します。八王子市の地下に広がる巨大戦争遺跡「浅川地下壕」の保存に取り組む会の方からの報告もあります。地域の方々と共に考えたいと企画しました。お気軽にご参加ください。

法政大学多摩キャンパス内には、1945年8月、ポツダム宣言受諾のニュースを世界に向けて発信したと伝えられる「多摩送信所」跡が残っているように、八王子市、相模原市には多くの”戦争遺跡”が残されています。戦争の経験を「人」の語りを通して継承することが年々難しくなるなか、”戦争遺跡”の重要性が高まっています。学生と地域の方々とで交流しながら戦争遺跡の歴史、現状を学び、戦争の記憶を風化させないために何をすべきか、一緒に考えましょう。

ご参照: シンポジウム『武相地域と戦争遺跡』 チラシ

■主催 法政大学現代福祉学部 馬場憲一ゼミ(学生企画)

■日時 2015年11月29日(日)13:30~16:00

■会場 法政大学多摩キャンパス 現代福祉学部棟 201教室(←会場が当初のお知らせから変わりました!ご注意ください)

■参加費 無料

■タイムスケジュール
第1部 パネルディスカッション(13:30~14:40)
1.法政大学と戦争遺跡 多摩通信所と平和記念碑 (13:30~13:45)
パネリスト:佐藤光翼 (馬場憲一ゼミ)
2.八王子市の地下に広がる巨大戦争遺跡“浅川地下壕”(13:45~14:20)
パネリスト:中田均氏 (浅川地下壕の保存をすすめる会)
3.相模原地域の戦争の歴史、残された戦争遺跡について(14:20~14:40)
パネリスト:長妻燎平 (馬場憲一ゼミ)
第2部 意見交流会--ワークショップ形式(14:50~16:00)
学生と地域の方々との意見交流をしよう!
ワークショップで取り扱うテーマ
・戦後70年間の平和についてどう考えるか
・戦争遺跡についてどう感じたか
・戦争遺跡の保存について
・戦争の記憶の残し方、風化させないためにはどんな活動が必要か

■申込み方法
お名前、連絡先(電話番号かメールアドレス)を書いて、メールでお申込みください。 
メールの送り先: hoseibabazemi@yahoo.co.jp(法政大学現代福祉学部 馬場ゼミ)

■申込み締め切り 11月27日(金)

■お問い合わせ 法政大学多摩地域交流センター
TEL042-783-3014、chiiki-kouryu@ml.hosei.ac.jp