イベント情報

法政大学大原社会問題研究所100周年記念展示 環境アーカイブズ特別展「消えたふるさと、使われない水―岐阜県・徳山ダム建設反対運動裁判資料を読む」開催中

12/9(月)より大原社会問題研究所内で「100周年記念展示 環境アーカイブズ特別展」を開催しています。

今回は、1957年に建設計画が立てられ、2008年に完成した日本一の総貯水量を誇る徳山ダム。このダム建設に反対した人々の裁判闘争の記録を展示します。
徳山ダムは、1村8集落を水に沈め建設されましたが、いまだ水道利用がありません。1999年に裁判を起こした市民たちは、水需要の見直しや環境破壊への影響を訴えました。実際に裁判で使われた訴状、準備書面、証拠などを展示しています。ダムによる治水の限界が見えてきたいま、巨大ダムの必要性を過去の裁判資料から考えてみませんか?

チラシはこちらから

■法政大学 大原社会問題研究所 環境アーカイブズ

■期間 2019年12月9日(月)~2020年1月31日(金) 平日9:00-16:00開館(土日祝日休館・冬期休館12月27日-1月7日)

■会場 法政大学多摩キャンパス3号館5階 大原社会問題研究所内

■入場無料・申込不要

■問い合わせ

法政大学大原社会問題研究所環境アーカイブズ

〒194-0298 東京都町田市相原町4342
Phone:042-783-2098  Fax:042-783-2089
mail:k-archives@ml.hosei.ac.jp
Web:http://k-archives.ws.hosei.ac.jp/